大会施設手続きとバナナの保存方法

今日はWWC2022の施設に行ってきました。
使用する部屋の追加などなどの手続きに。

家から片道1時間半あまり。バイクで行こうと思っていましたが、暑すぎるのでクルマで。
クルマの温度計で外気温39度までいきました。

そんな中で、夏といえばバナナ。
(音楽とはぜんぜん関係ないですが)バナナの保存方法の話です。

検索するとあちこちにいろいろ方法が書いてありますが、ほとんどの方法は実際やってみると、正直今ひとつ。
ここ数年、数週間ごとに買いだめして、1日1本以上は食べているので、だんだんベストな保存方法がわかってきました。
うまく処理するとほとんど味が落ちないで2週間以上持ちます。

1)良いバナナを選ぶ

  • 良いバナナは日持ちが違います。
  • コストコのバナナが最高です。値段も安い。オーガニックではない方が味的にはおすすめ。
  • なるべく大きくて角ばった(輪切りイメージの皮の断面)ものを選びます。バナナは栄養十分で大きくなるとスペースを求めて角ばってきます。
  • 青いもの。少なくとも青みが残っているものを選びます。完全に黄色くなっているものは持ちません。
  • 箱などに入れる場合は、房と房をできるだけ重ねずに、伏せた状態(お椀を伏せたように)で運びます。反った外側が接地すると痛みが速くなります。

2)適切なタイミングで処理

  • 室温20〜25度くらいの場所に放置します。直射日光が当たらないように。
  • 青みがわずかに残っているくらいになったら次の処理をします。早すぎると味が落ち、遅いと持たなくなります。処理するタイミングがとても大事で、1日ずれると多分ダメです。
  • 房から丁寧に取り外し、一本一本ラップでなるべくはみ出さないように包みます。
  • 冷蔵庫の野菜室などに「立てて」入れます。横にすると痛みます。房から外した切り口のほうを下にします。バナナが自生している向きです。
  • 野菜室の温度は10度前後が目安です。
     
     
     
    以下は大会会場の写真

全景模型:

ホールへ向かう廊下:

併設のホテルロビーと地下の交流サロンの入り口:

Ave verum corpus

先日のサークルでちょっとお聞かせした「Ave verum corpus」。
映像があったので貼っておきます。

合唱団時代にアンコールでよく歌いました。
ハモリとしてはそれほど難しくはないのですが、モーツアルトは特に、音に無駄がなく、常に完璧性を要求されるので、ちょっとしたミスで破綻してしまったりするのが難しいところです。

くちぶえでうまくできたら綺麗でしょうね。
声ほど音域差がないので、4声は難しいかな?

第10回くちぶえオープンライブ(WOL10)終わりました

場所と名称を微妙に変えて数年ぶりの「第10回くちぶえオープンライブ(WOL10)」、昨日無事終わりました。

参加者は少なめでしたが、その分、いろいろお話を混ぜつつ、たっぷり演奏できたと思います。

今回は皆弾き吹きでしたが、音源伴奏やアカペラでももちろん大丈夫です。
次回は8月終わりか9月初めの日曜を予定しています。決まり次第お知らせします。

第31回国際口笛大会のドキュメンタリー映像

第31回国際口笛大会のドキュメンタリー映像をYoutubeで見つけました。

この大会は2004年のアメリカでの大会。私が初めて大会に行ったのはこの翌年2005年で、その時もヒールトが優勝。2連覇でした。
ほかにもスティーブ、トム、クリス、ミッチ、グラハム、アレン、バリー、リンダ、ジョージ、アーネストなど、懐かしい顔がたくさん。

もう18年も前なんですね。お互い年取るわけです。
日本での開催は(中止になった2020年を入れて)今年で6回目。アレンから引き継いで早8年。

今の大会運営はごく少人数なので体制も盤石とはとても言い難く、自分もいつまでできるかわかりません。(来年は赤いちゃんちゃんこ)
そろそろ次の世代に託す準備が必要かもしれませんね・・・

炎天下での弾き吹き演奏

先日、まだ5月だというのに炎天下での演奏が何回かありました。

屋外で、炎天下で、風も強くて、人もザワザワしていて、というのはなかなか集中が難しいですが、ある程度過ぎるともう吹っ切れるというか・・・
音は割と聞こえていたようで、お陰様で評判も良く。

水分補給はこまめに。演奏時は真水が一番だと思いますが、熱中症対策ではスポーツドリンクなどのほうがいいようです。(以前酷い目に会いました)
そして、機材もやはり対策が必要でした。

  • チューナー

普通のクリップチューナーは、日差しが反射してほとんど見えないので、サウンドホールに入れるタイプがおすすめ。(GadgetsページのPW-CT-15。ウクレレ用もあります)
今回は持っていかなかったので、影を作ってスマホアプリのチューナーで対処。またはペダルチューナーでもいいかもしれません。

  • 楽譜

最近は本番でもときどきiPadを使います。
野外だと紙の楽譜は風ですぐ飛ぶので、楽譜を捲るたびにクリップで止めたりしますが、iPadだとその必要がないのでとても楽。
しかし、炎天下では画面がほぼ見えません。(炎天下でも見える液晶を作ってほしいです)
iPadを使うつもりでも、バックアップで紙の楽譜の準備は必要。(今回は紙でやってます)

  • マイク

野外ではウインドスクリーンは必須です。普段はマイクとの距離感が分かりにくくなるので使いませんが(あとわずかながら音色をスポイルするので)、演奏し初めに風がなかったとしても、途中で吹いてきたら音がボコボコになるので、最初からつけておきます。

今年はいろいろありそう

今年はウン十代最後の年。

コロナや世界情勢やらも依然として心配ですが、身近ではお陰様で楽しみな予定もどんどん入ってきて、What’s Newにあることないこと、今年はいろいろありそう。

ここにきて趣味といえるものを始めたのもその一つ。
ずっと好きなことを仕事にしてきたので、そういえば長い間趣味らしいものはなく。
正確には再開ですが、音楽も身体が資本なので、ひとつは健康のために。

そして、自分の音楽の方向性も、何十年も経ってやっと少し見えてきた気がします。(到達したとかではなく、どっちへ行こうかという話)
周りの人からは「前からそっち方向だったじゃん」といわれてしまいそうですが・・・本人ははっきりとは意識していなかった。

細かくは書きませんがごく大雑把に言えば、スゴイと言われないような音楽「スゴくない音楽」かな??

5月31日までWWC2022エントリー受付

本日5月1日より第45回口笛世界大会(WWC2022)エントリー受付開始しました。締め切りは5月31日です。

2020年のエントリーは例年よりだいぶ多かったのですが、今回はまだまだコロナの影響が見えにくいこともあって、どうなるか予想が難しいです。

長雨の後の晴れ間のようなイベントになればいいですね。

6月の「口笛オープンクラス」「口笛オープンライブ」決まりました

  • 6月11日(土)「第19回 口笛オープンクラス」(セミプライベート)
    場所: studioloro(日野市高幡)
    時間: 14:00〜16:00
    定員:(感染対策のため)5名程度まで・予約必要
    料金: 一人¥2,000(見学も同額)
    講師: くちぶえ奏者 りょうすけ
    詳細:(こちら

    ・毎回でも、単発でも、不定期でも参加できます。
    ・口笛に関することなら、どんなことでもご相談ください。
    ・必ず、メールでご予約ください。

    ・Zoom(オンライン)での参加も可能です。

  • 6月25日(土)「第11回 口笛オープンライブ」
    場所: studioloro(日野市高幡)
    時間: open 13:30, start 14:00〜
    定員:(感染対策のため当面)6名程度まで・要予約
    料金: 一人¥1,000(視聴のみも同額)
    進行: くちぶえ奏者 りょうすけ(演奏もあり)
    詳細:

    ・過去10回開催した「口笛オープンマイク」を「口笛オープンライブ」と名前と場所を微妙に変えて、ついに再開します!
    ・口笛メインであればどなたでも出演できます。初心者歓迎(暖かくお迎えします)。
    ・老若男女問わず。大会出場者やプロ奏者も多数参加あり。
    ・演奏の上達は場数をこなすのが一番。大会などの試演にも。

    ・持ち時間は15分x1回以上(回数は出演者数による)
    ・楽器持ち込み可。(大音量の打楽器や金管楽器などはご遠慮いただく場合があります)
    ・生ピアノ、Bluetoothスピーカー、貸し出し用ウクレレ&ガットギター、譜面台などあり。
    ・PAも一応ありますが、原則生音で。(ご相談ください)

    ・必ず、メールでご予約をお願いします。
    ・見るだけのつもりで当日「やっぱり演奏する」もアリです。
    ・Zoom(オンライン)での参加も可能です。

    写真はコロナ前の様子↓

口笛基本のキ「靴べら舌」

口笛を吹くときのクチの中がどうなっているかは、とっても見せにくいし、確認もやりにくいので、コツを伝えるのがなかなか厄介です。
すでに吹ける人にとっては、当たり前すぎてほとんど意識もしていないので、逆に説明が難しい。

そこで、先日の発見。

  • 音が小さい。(大きくしようとすると音が出なくなる)
  • 高い音が出ない。(だいたいラ・シ・ドあたりで限界)

こんな状態の場合「【舌の形】と【舌の位置】が原因」かもしれません。

舌の形は、極端に高い音と、低い音の場合は別として、だいたい以下のようになっています。

これはもちろん靴べらですが、舌を映しても見づらいので代用です。形はよく似ています。

口笛を吹くときの【舌の形】で大事なのは:

  • 舌の縦方向は「山型」に反っている。
  • 舌の横方向は「谷型」に窪んでいる。

この2つです。
舌の形がこのようになっているか、確認してみてください。

なおかつ、このとき、舌の先と両脇付近は「クチの中のどこかしらに接して」いて、舌の上面と下面で空間を分け、空気が行き来しないようになっているのが基本です。(奏法によっては例外もあり)

つまり【舌の位置】の基本は、

  • 舌先は「下の前歯の裏」につける。
  • 舌の両脇は「上の奥歯あたり」につける。

どうぞ試してみてください。
そして、もし改善した方がいらしたら、参考にしたいので、知らせていただけると嬉しいです。。

スカボロフェアの口笛アレンジ

府中のサークルでリクエストのあった、スカボロフェアの口笛アレンジ、なんとか出来ました。
オリジナルでは3声ですが、口笛でやりやすいように2声にまとめてみました。
口笛によく合いそうです。ハモリがきれい。

あの特徴的なアルペジオは、弦が5本必要になるので、ウクレレでも演奏できるように簡略化して2パターンに展開してます。

ネットにはいっぱいありますが、和訳付きのオリジナルを貼っておきます。
不思議な歌詞です。
オリジナル演奏は「in Em」ですが、楽譜は「in Dm」なので、これより1音低いです。

「第18回口笛オープンクラス」無事終了しました

Zoomのみでのオンライン開催を除くと、実に2年半ぶりの「口笛オープンクラス」無事終了しました。

キャンセルなどもありつつも、久しぶりでしたが、初参加1名を含む3名の方が参加されました。
のんびり、たっぷり出来たのでは。

次回は6月11日(土)14時〜を予定しています。
また、6月は25日に(土)14時〜、これも久しぶりの自前スタジオライブ、「口笛オープンライブ」を開催します。
お楽しみに。

以下は最近入手したアンプ(S1 Pro)です。
オープンクラスではBluetoothスピーカーとして使いましたが、近々ライブでも使うかもしれません。

持ち歩くにはちょっと重いですが、バッテリーでも動くし、ギターの出音はなかなかのものです。
音の横の広がりもいいので、場所によってはこれ一本でもなんとかなるかもしれません。

口笛用としてはまだテスト中です。
手持ちのAERのほうが、木のキャビらしい、音に少し余裕というか柔らかさがある感じですが、口笛用としてはリバーブが今ひとつ。
こちらのリバーブは結構綺麗で使えそう。口笛とギターと別々に調整できるのも便利です。

弾き吹きデモ -「ジャンバラヤ」アップしました

「くちぶえ弾き吹き入門 〜初歩から大会まで〜」の曲例にある、「ジャンバラヤ」の【デモ演奏】をアップしました。

  • 1コーラス目: 伴奏パターン1(裏拍ストローク)で。
  • 2〜3コーラス目: 伴奏パターン2(D r Dx U r U Dx U)。メロディーはフェイク。

  • 詳細は演奏と、曲例のページを参照してください。(こちら

  • また、ほかにもいくつか【デモ演奏】を貼っておいたので、(こちら)をご参照ください。

前に貼っていた、「エミルー・ハリス」と「ファッツ・ドミノ」らのYouTubeは、本文からははずしてしまいましたが、せっかくなのでこちらにリンクだけ載せておきます。(自分の演奏と並べるのはあまりに恐れ多いので・・・)

今週末9日(土)は久しぶりの「口笛オープンクラス」

今週末9日(土)は久しぶりの「口笛オープンクラス」。
まだ少し空きがあるので、お時間ありましたらお早めにどうぞご予約ください。

口笛演奏に興味がある方ならどなたでも。
換気、間隔に留意して、マスク着用でやります。
オンライン(ZOOM)でも参加できます。

詳しくは「What’s New」や、(こちら)から。

弾き吹きデモ -「ハッピーバースデートゥーユー」アップしました

「くちぶえ弾き吹き入門 〜初歩から大会まで〜」の曲例にある、「ハッピーバースデートゥーユー」の【デモ演奏】をアップしました。

  • 1コーラス目: 伴奏パターン1(1拍目ストローク)で。コードは | G | D7 | D7 | G | G | C | G D7 | G |
  • 2コーラス目: 伴奏パターン2(4 3+2 2+1)で。コードは同じ。
  • 3コーラス目: 「ひとりぼっちの誕生日」(仮題)in Gm(メロディーは即興)。コードは| Gm | D7 | D7 | Gm | Gm | Cm | Gm D7 | Gm |
  • 4コーラス目: 伴奏パターン3、4拍子に変えて(D r Dx U r U Dx U)。

  • 同じ内容ですが、曲例にもリンクしてあります。(こちら

来月5月はWWC2022エントリー受付期間

来月5月は第45回口笛世界大会(WWC2022)エントリー受付期間です。(締め切りは5月31日)

半年後はコロナや世界情勢がどうなっているのか、まだ全然わかりません。
国内はもちろんですが、世界大会としては、特に海外組の来日が問題なくできるかも心配です。

開催を心待ちにしている方も大勢いらっしゃると聞いています。
無理はしたくありませんが、10月に向けて、淡々と準備を進めていきます。

弾き吹きデモ – アロハオエ(short)アップしました

「くちぶえ弾き吹き入門 〜初歩から大会まで〜」の曲例にある、「アロハオエ」の【デモ演奏】をアップしました。
気が向いたら他の曲もアップします(するかもしれません)。

  • ショートバージョンです。例によってあまり楽譜通りには吹いていませんが、一例として・・・
  • 曲例にもリンクしてあります。(こちら

口笛オープンライブ、オープンクラスの予定

口笛オープンライブ、オープンクラスの予定について、問い合わせをいただきました。
すみません。このサイトでちゃんと告知をしていませんでした。

  • 口笛オープンクラス

当初3月12日(土)に予定していましたが、蔓延防止等重点措置延長を受け、4月9日(土)に延期しました。

  • 口笛オープンライブ

当初3月19日(土)に予定していましたが、同様の理由で中止としました。次回はまだ未定ですが、6月になる見込みです。

・その他のクラス

現在お休みしているクラスもありますが、措置解除に合わせ、順次再開していきます。
詳細はWhat’s Newページをご参照ください。

最近のくちぶえマスク事情

巷でも最近よく見かける、柳葉型(ダイヤモンド型)マスクを口笛教室に使い始めています。

なかなかいいです。

普通のじゃばら型不織布マスクor布マスク+マスクフレームと同じくらいか、それより吹きやすいかもしれません。

いろいろなメーカーから出ているので、ものによっては少し薄くて呼吸でペラペラするのもあるみたいです。
いくつか試して4層構造のものは大丈夫でした。
かなり形がしっかりしているので、マスクフレームはなくていい感じ。(ない方が密着するしノイズが少ない)

試行錯誤は続きます・・・

ちなみに、先日3回目のワクチン接種して、副反応は多少、でしたが3日後になってほとんどなくなってきました。

「口笛オープンクラス」再開!

久しぶりに「口笛オープンクラス」を再開です。

日時、場所等は「What’s New」ページをご参照ください。

・単発でも、不定期でも、もちろん毎回でも参加できます。
・音が出ない方、経験者の方、始めたいけどやり方がわからない方も。
・口笛に関することなら、音の出し方や、弾き吹きアレンジ、大会のことまで、どんなことでもご相談ください。
・セミプライベート形式ですが、時間内で、一人一人の時間を作って対応します。他の方のやりとりも参考になるはず。

・ギター、ウクレレなどの楽器持ち込みも歓迎。(貸し出し用もあり)
・アコースティックピアノあり。(アップライト)
・伴奏音源再生用のBluetooth対応スピーカあり。

・Zoom(オンライン)参加も対応しました。

第45回 口笛世界大会(WWC2022)の日にちが決まりました

第45回 口笛世界大会(WWC2022)の日にちが決まりました。

コンテスト: 2022年10月7日(金) 〜 9日(日)(3日間開催)
場所は神奈川県川崎市中原区「国際交流センターホール」(264席)にて(リンク

2020年はコロナ禍で中止となったので、実に4年ぶりの開催です。
やはりコロナの影響で、ホールが非常に取りにくくなっていて、前回より小さめのホールですが、なんとか確保できました。

その代わりではないですが、今回はコンテストは3日間開催の予定。
音源審査通過のハードルを少しでも下げられれば。
詳細は後日、大会公式サイト(リンク)で告知していきます。

まだまだ先行き不透明ですが、8ヶ月先には事態が好転していることを願って、準備していきます。

※ 開催回数はIWCを含めた通算。