About

Whistler Ryosuke

Born in Tokyo, Japan. He learned the “Warbling” method (whistling with a trill) from the professional whistler Geert Chatrou and also studied under professional whistler Kimiko Wakiyama before starting his own whistling career.

Ryosuke has been featured on radio as well as on TV and he likes to perform many different kinds of music, such as Popular, Jazz, Brazilian music and Classical while always trying to find new possibilities for the art of whistling.

In 2008, Ryosuke was director of events for the 38th International Whistlers Convention (IWC) in Japan.
In 2010 and 2012 he organized the “Puckerama!” Whistling Festival in Japan.
In 2012 he released his CD “Baroque Whistling – Ballet Des Champs-Élysées -“.
In 2013 he won 2nd place in the Allied Arts category at the 40th International Whistlers Convention in the US.
In 2014 he again served as event director for the final the 41st International Whistlers Convention (IWC) in Japan.
In 2015 he received the Special “Allen deHart Award” for Whistling Artist of the Year and for Expanding the Awareness, Enjoyment and Respect of Musical Whistling as a Fine Art. He won 2nd place for “Hikifuki” (aka self-accompaniment) Division at The Masters of Musical Whistling International Festival in the US.
In 2016 he released his 2nd CD “WHISTLING FROM THE HEART”.
In 2016 he served as event producer / director / judge for The World Whistlers Convention (WWC) in Japan. This event aims to inherit the past tradition and style of the original International Whistlers Convention.
In 2017 he won 3rd place for Pre-recorded Accompaniment Division (Classical) at The Masters of Musical Whistling International Festival in the US.

Since April 2015, he has produced his Whistling Workshop in Tokyo and he invented some iPhone applications for the practice of whistling, called the “WhistleTuner” and “WhistleTutor” – useful for checking the pitch and training for long breathing.

くちぶえ奏者 りょうすけ

東京都出身。ウォーブリング奏法(トリル奏法)のうち、国内では珍しい”のど”ウォーブリング奏法のくちぶえ奏者。テナーサックス奏者 秋本薫、くちぶえ奏者 ヒールト・シャトロー、分山貴美子の各氏に師事。シャトロー氏よりウォーブリング奏法を学び、くちぶえ奏者としての活動を開始。

NHK、FM東京、FOX(アメリカ)などメディア出演も多数。NHKドキュメンタリ「わたしが子どもだったころ・湯川れい子篇」等のドラマなどの口笛シーン吹き替えも担当。口笛とガットギターの相性と弾き吹き(自己伴奏)の可能性に惹かれ、近年は弾き吹きで演奏する機会も多い。ポピュラー、ジャズ、ブラジル音楽、クラシックとジャンルにこだわらず、ライブ、コンサートなどの活動を通じて、くちぶえ演奏の可能性を追求している。

2008年 第35回国際口笛大会(IWC)をアメリカより招致し、プロジェクトリーダーに就任し日本初開催(茨城県牛久市)。
2010年 及び 2012年 口笛フェスタ「パカラマ!」をアメリカより招致し、開催責任者として日本初開催(神奈川県川崎市)。
2012年 日本初のくちぶえのクラシックCD「バロックくちぶえ〜精霊の踊り〜」をリリース。
2013年 第40回国際口笛大会(アメリカ)にて、アライドアーツ(パフォーマンス)成人男性部門2位入賞。
2014年 その年で最後の開催となる、第41回国際口笛大会(IWC)のディレクターに就任し2度目の日本開催(神奈川県川崎市)。
2015年 マスターズ国際口笛音楽フェスティバル(アメリカ)にて、口笛音楽の楽しさを広め真の芸術として尊敬を得た年間最優秀口笛奏者に与えられる、IWC創始者の名を冠した第1回目の「アレン・デハート賞」を受賞、及び、弾き吹き部門2位入賞。
2016年 日本の曲を集めた2ndアルバム「ウィスリング・フロム・ザ・ハート」をリリース。
2016年 IWCの伝統とスタイルを継承する口笛世界大会(WWC)のプロデューサー兼ディレクター兼大会審査員に就任し初開催(神奈川県川崎市)。
2017年 マスターズ国際口笛音楽フェスティバル(アメリカ)にて、音源伴奏クラシック部門3位入賞。

2015年4月より東京都下にて常設の口笛ワークショップを主催、また他方では、”WhistleTuner”や”WhistleTutor”など、口笛の音程などの技術向上のためのスマホアプリを独自に開発するなど、口笛演奏習得のための活動も行っている。

References:

ヒールト・シャトロー(くちぶえ奏者) トップウィスラー
リコーダーやオーボエも吹くらしい
分山 貴美子(くちぶえ奏者) トップウィスラー
インコやスヌーピーにも造詣が深い
口笛世界大会(WWC)公式サイト 2016年より日本にて開催

Contact to Ryosuke… / 演奏、取材のご依頼等はこちら()まで…