↑ Return to MMW2019

AUDITION / オーディション

マスターズ国際口笛音楽フェスティバル(MMW2019)に関する情報をご提供する、期間限定の特設ページです。

注意:以下の和訳は2019.3.26日時点で元サイト(https://www.mastersofwhistling.com/auditions)に記載されていた文章を元にしています。(末尾画像)
以降、変更がある場合がありますので、元サイトもあわせてご確認ください。


(2019.3.26更新)

2019 オーディション(事前審査)情報

5つのコンテスト部門について

クラシックおよびポピュラー音楽により構成

  1. ライブバンド伴奏ポピュラー (最高峰部門)
  2. 音源伴奏クラシック
  3. 音源伴奏ポピュラー
  4. 自己伴奏(弾き吹き)- クラシックまたはポピュラー (例:口笛およびギター・キーボードなど)
  5. アライドアーツクラシックまたはポピュラー (口笛とその他のアートパフォーマンスの融合- 例:歌、デュエットなど)

3つのステージについて

オーディションによって、出場者のステージが決まります。

  1. ステージ1 : 「音源伴奏ポピュラー部門」のみに出場できます。
  2. ステージ2 : 「音源伴奏ポピュラー及びクラシック部門」、「弾き吹き部門」、「アライドアーツ」に出場できます。これらの部門ではステージ3の出場者と一緒に順位を争います。なお、ステージ2の出場者は「ライブバンド伴奏部門」には出場できません。
  3. ステージ3 : 「ライブバンド伴奏部門」を含む全ての部門に出場できます。 ここでの勝者は「ワールドチャンピオンウィスラー」の称号が与えられます。
  • 「音源伴奏ポピュラー部門」ではステージ1からと、ステージ2&3から入賞者を選出します。(190326追記)

オーディション(事前審査)について

  1.  オーディション(事前審査)は必須です。(190326追記)
  2. オーディションはコンテストの第1段階です。その結果でステージと出場可能な部門が決まります。
  3. このオーディションのために新しく審査委員会が選出されました。
  4. 過去のMMW入賞者以外は、新しい審査映像を提出する必要があります。
  5. 出場者のレベルは毎回向上していますが、当日のコンテストの時間は限られています。過去のMMWのオーディションを通過したとしても、今回も通過するとは限りません。審査映像の質はできるだけ高める必要があります。
  6. 審査映像は(訳注:エントリーする部門に応じ)「音源伴奏ポピュラー&ライブバンド伴奏部門」(190326追記)、「音源伴奏クラシック部門」、「アライドアーツ」、「弾き吹き部門」それぞれ一つずつ必要です。
    • ポピュラーの審査映像は「音源伴奏ポピュラー部門」と「ライブバンド伴奏部門」の両方の審査対象となります。
      • 従って、もし、5部門全てにエントリーする場合は、合計4つの審査映像が必要になります。
    • この大会では「ポピュラー音楽」は「クラシック音楽」以外の全ての音楽を指します。(カントリー、ブルース、ポップス、ジャズなど)(190326追記)
    • 「クラシック音楽」とは概ね1750年代から1850年代頃に、交響曲、協奏曲やソナタ形式などで書かれた、ヨーロッパの伝統音楽を指します。(190326追記)
  7. 審査映像について
    1. 一曲を通した口笛演奏であること。
    2. 伴奏を伴った口笛演奏であること。
    3. 一年以内に収録されたものであること。
    4. アカペラ(無伴奏)は認められません。
    5. 演奏はサウンドエフェクト付加などをせず、無編集であること。(190326追記)
      • 審査映像では、アプリやツールを使って口笛を編集するなどのエフェクト(効果)を行わないこと。提出された映像が編集された疑いがある場合は、別の映像の提出を求めることがあります。(190326追記)
  8. 伴奏音源にいかなる種類でも「歌声」(ヴォーカル)を含めないでください。但し、事前審査では最小限の歌声は許容されます。(190326追記)
    1. カラオケ音源、ミュージックマイナスワン、または生伴奏音源を、事前審査及びコンテストで使用してください。(190326追記)
    2. iTunesやAmazon Musicなどで、”karaoke tracks” with “no vocals”などと検索するといいでしょう。(190326追記)
  9. 事前審査時とMMW本番の曲目は同じである必要はありません。
  10. 「ライブバンド伴奏部門」の勝者のみが「ワールドチャンピオンウィスラー」となります。
  11. 審査映像は、YouTube、Vimeo、またはその他簡単にアクセスできるサイトを使用し、映像のリンクのみを提出してください。映像ファイルをメールに添付しないでください。
  12. こちらのオンラインオーディション申請フォームをもれなく記入の上送信してください。審査映像の入力項目もフォーム上にあります。
  13. 受付期限(2019年4月15日)までにオーディション申請が完了している場合は審査費用は掛かりません。それを過ぎると$50の審査費用が発生します。この場合の出場可否はMMWスタッフが決定します。
  14. 申請は、ご自身の責任に於いて正確な情報を入力してください。もし諸注意事項に沿わないものがあった場合、修正のために追加の費用が発生する場合があります。(190326追記)
  15. 1. オーディションの結果は2019年5月15日までにメールでお知らせします。(オーディション申請が4月15日までに完了している場合のみ)

コンテストの重要事項

詳細は「COMPETE」ページを参照

  1. オーディションを通過した場合、出場登録(Registration)フォームと出場費用についてのご案内をメールでお送りします。
  2. 期限までに出場登録フォームの記入と出場費用の支払いをお願いします。
  3. 出場者は必ず8月23日(金)朝のオリエンテーションに出席してください。
  4. 「ライブバンド伴奏部門」の出場者は、8月23日(金)午後にバンドとのリハーサルがあります。リハーサルの時間はオリエンテーションでお知らせします。
  5. オーディションを通過した場合、ご自身の責任に於いて「COMPETE」ページをもれなくご確認ください。そこには多くの項目がありますが、もし見落としがあった場合、競技ポイントを25%減ずることがあります。(190326追記)