«

»

10月 10

音楽のための口笛

音楽をやるための手段として口笛を捉えるか、それとも
口笛をやるための手段として音楽を捉えるか。

口笛だけでなく、他の楽器や歌に置き換えても同じですが、前者と後者は似ているけれど、出発点で大きな違いがあると思います。
ここ最近の話ではないですが、一緒に音楽をしたり、演奏を聞いたりすると感じるのは、演奏すること自体は好きだけれど、音楽そのものに対する探究心というか、熱量があまりないのでは?という人も結構いますね。(付き合いの長い人にはあまりいませんが)音楽ではなく、演奏すること自体が目的なのかも、と思うこともあります。

好みの問題なので、どちらがいい、悪いではないけれど、話が合わないなー、とは思うかも。